タイトルイメージ メインタイトル

世の中に数多くあふれるボールペン。お馴染みのパーカーにモンブラン、ペリカンやクロス、ラミー、さらには日本のパイロットや三菱・・・などなど、本当に数え切れないほどのメーカーが存在します。そしてメーカーや製品ごとに特徴があり、書き心地も千差万別です。さまざまな要素が含まれるボールペンだからこそ、「私はこれ」といえるような一品を見つけたい。そんなことを漠然と考えていたとき出会ったのが、この鈍く光る真鍮のボールペンでした。

詳細画像サブタイトル

まず魅力を感じたのは、そのデザインでした。もともと真鍮の無骨さがたまらなく好きな私は、この外見にひとめぼれ。実際に手にとってみると、真鍮の温かさと冷たさを併せ持ったような質感が手に馴染みました。塗装がされていない真鍮は、触るたびに酸化が進んで表面に表情が刻まれていきます。この経年変化こそ、真鍮の魅力です。このボールペンなら、変化していく素材の魅力を存分に味わうことができるはず。そしてしっかり高級感があるのに、気取ったところがない。まさに私が探していたボールペンでした。

詳細画像サブタイトル

ボールペンが数多く存在するように、その芯も数多く存在します。本体と同じブランドの芯をずっと使い続けている一途な方も多いでしょうし、メーカーによっては自社の替え芯だけ使う事を推奨している場合もあります。でも、ちょっと待ってください。実際に書き比べてみると、ブランドによって書き味はかなり違います。そして、ありがたいことに今回ご紹介するKARAS KUSTOMSは自社製の替え芯を持たず、自分好みの芯を使うことを推奨しているメーカーです。今回は、一般的な文具店で手に入る替え芯の中から、私の求める最高の書き心地を実現してくれるブランドを探してみようと思います。

詳細画像サブタイトル

『THE BOLT』と『RETRAKT』の両方に対応する芯は、一般的にパーカータイプ(型式:G2)と呼ばれる規格です。別のページに詳細な書き味の感想も記載してますので、よかったら参考にしてください。ちなみに、私が購入したノック式の『RETRAKT』は、パーカータイプだけでなく型式Cの芯にも対応していますので、楽しみの幅はさらに広がります!

ボタン 詳細画像サブタイトル

いくつもの芯を比較して感じたことは、それぞれの製品に個性や魅力があるということ。ブランドによって差があることは分かっていましたが、まさかこれほど大きな違いが生まれるとは予想していませんでした。驚きとともに、わくわくした気持ちになります。書き比べることで自分自身の『こだわり』も分かって、それもとても楽しかったです。最後には、人に自慢したくなるような納得の組み合わせを見つけることができました。あなたも、是非お好みの芯を見つけて自分だけの特別なペンに仕上てみてください。

TEXT Hirata Atsuko

詳細画像

Thank you for reading to the end .Please look to next time.

商品の詳細はこちらです
RETRAKT リトラクト Brass 真鍮 / KARAS kustoms
RETRAKT Brass
KARAS kustoms
¥16,200
THE BOLT ザ・ボルト Copper カッパー / KARAS kustoms
THE BOLT Copper
KARAS kustoms
¥32,400
THE BOLT ザ・ボルト Brass ブラス / KARAS kustoms
THE BOLT Brass
KARAS kustoms
¥19,440
RETRAKT リトラクト Aluminum アルミニウム / KARAS kustoms
RETRAKT Aluminum
KARAS kustoms
¥10,800
THE BOLT ザ・ボルト Brass ブラス / KARAS kustoms
THE BOLT Aluminum
KARAS kustoms
¥10,800

前のページへ戻る