このページでは、私が数日かけて実際に4つのアロマを使ってみた感想をまとめています。アロマにあわせて、おすすめしたいツボを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

4種類の香りの中で1番人気を誇るのが、この『SLEEP』です。眠る前におすすめしているアロマというだけあって、香りだけでとてもリラックスできます。まずは首筋に塗って香りを楽しんでみましたが、それだけでほっと一息つけ、肩の力が抜けました。香りだけで安心感が得られる優れものです。これは効果が期待できそうだと思い、後述する安眠のツボを押してみましたが、これが素晴らしいの一言です。今回アロマとツボの試行で一番顕著に効果が感じられた組み合わせでした。パルスポイントを使用して安眠のツボをおしてみたら、すぐに目頭が重くなったような感じがしました。うん眠い。寝たい。もともと睡眠過多の平田ですので、なおさら効果が顕著だったのかもしれません(笑)。いつでもどこでも寝られるタイプとはいえ、この効力には感服しました。今までツボというものにあまり馴染みがなく、このときは半信半疑な気持ちではじめていましたが、試してみると納得です。今回、『SLEEP』で試したのは耳の下、首筋にある『安眠』というツボです。耳の後ろにある、下に向かって尖っている骨から下におよそ指の幅1本分のところにあり、不眠解消に最も効果的と言われているツボだそうです。強く押しつけるのではなく、優しくおさえるような感覚で使用するほうが効果があるそうです。あとは、人差し指と親指の指先にパルスポイントを塗って、耳たぶを揉み解すのも眠気を誘います。

4種類の香り中で、私が一番おすすめしたい香りが、この『Stress』です。こちらもリラックスできるような優しい香りなのですが、『SLEEP』と比べるとペパーミントの爽快感が感じられるのが特徴です。『Stress』という名前の通り、もやもやした気持ちや、ふと感じる倦怠感や嫌悪感を吹き飛ばしてくれそうな爽やかな香りです。それに加えて安堵感もあるんです。香りだけで心の凝りをほぐしてくれそうな、この香りにおすすめしたいのが、手のひらにある『労宮』というツボ。手のひらの中央、こぶしを握ったときに中指と薬指の先端の間にあります。このツボは、ストレスやイライラ、緊張などを緩和させ、上半身の血行を改善してくれるといわれていて、首や肩のこりにも効果的であるとのこと。早速手のひらの中心にパルスポイントを押し当て、次に指で押したりもんだりしていましたが、だんだんツボだけでは満足できず手のひら全体のマッサージへ…。ところが、それが正解でした。指を一本一本握ってマッサージしたり、左手を右手で強く握ったりしてると、『Stress』の香りと相まって、とてもリラックスすることができました。また手のひらをマッサージしていると自然と顔の近くに持ってくる姿勢になるので、アロマの香りがより感じられたのも良かったように思います。残念ながら私には肩こりの解消効果は感じられませんでしたが、心をリラックスさせる満足度は今回試した中でNo.1でした。

やる気が出なくても、やるときは やらなければいけません。そんなときは、気持ちを切り替えて、頭をシャキッとさせてくれる『Jetlag』のパルスポイントを使用しましょう。でも、アロマにはリラックスのイメージが強く、目を覚ましたいときに活用するというのはあまり想像していませんでした。実際、『Jetlag』を使用して首や腕、てのひらなどをマッサージしてみましたが、なんだか違うような・・・。気持ちは良いけど、この組み合わせじゃないのかな~と思いながら、ふとこめかみに塗ってみました。そこで、見つけました。私のやる気スイッチ。パッと気持ちが切り替わるようなスイッチがあればいいのに、と思っていましたが、こんなところにあったんですね! そんなことを思いながら、もう一度こめかみに『Jetlag』を塗って、中指と薬指でくるくる回します。温めるようにゆっくりマッサージしていると、みるみるうちにまぶたが上がって、重く凝っているように感じていた目の周りの筋肉がやほぐれていくような感覚。使い方ひとつでこうも印象が変わるものかと驚きました。ちなみにこめかみのツボの名前は『太陽』という名前だそうで、目の疲れや眼疲労の回復、頭痛や偏頭痛の軽減に効果があるそうです。注意点として、太陽は絶対に強く押してはいけないツボだそうです。実際、軽く押しつけるくらいで十分な効能を体感できますので、力をいれず優しくマッサージしてください。余談ですが、こめかみは指先でマッサージすると、よりアロマの香りが感じられておすすめです。

ここまでの実験で、リラックスもでき、頭もすっきりできました。最後に、元気を出すべく『ENERGY』のパルスポイントを試してみます。レモンのアロマが入っているこのパルスポイントは、香りがとてもさわやかです。レモンの香りはなんとなく元気が出ると以前から感じていましたが、調べてみると不安や混乱を取り除き明るい気持ちにさせる手助けをしてくれる香りといわれているそうです。実は、私はこの『ENERGY』に関して事前に塗るツボを決めていました。それは、腕の外側。『手三里』という名前のツボで、肘を曲げたときにできる横じわから、手の方向に指三本分先の部分です。手をにぎると筋肉が盛り上がるポイントにあたります。ここは、以前疲れたときにマッサージをしてみたところ、疲れがとれ、体が一気に軽くなるような効果に驚いた経験があります。今回、『ツボ』を試そうと思ったのも、実はこれがきっかけだったです。そして、このツボに『ENERGY』を塗ってみたら、やはりその効果は抜群でした! しかも、香りを楽しみながらマッサージができるので、これがとっても気持ち良い。パソコン作業やデスクワークの疲れが溜まっていて、元気が欲しいという方に、是非試してほしいおすすめの組み合わせです。

以上が私が試して見つけたおすすめの組み合わせです。ツボを押すだけで効果が感じらるような箇所もありますが、今回私が試して思ったのは、ツボを押すときにパルスポイントがあることで、さらに効果が実感できるし、何より楽しいという事でした。そして、連日この実験をしてみて、やはり香りが心に与える影響が大きいんだなと、改めて実感しています。ぜひ、皆様もいろいろな香りとツボの組み合わせを試してみてください。そしてお気に入りの香りと使い方の組み合わせを見つけたら、是非私たちにも教えてください!