製品メイン画像

Safari All-Black
2018限定仕様 万年筆 ( EF / F / M )

BRAND : LAMY
DESIGN : Wolfgang Fabian
SIZE : Ø14×L140 mm
¥4,320(本体価格¥4,000)
バリエーションを見る

All Blackは「真っ黒」

Safariの限定エディション「オールブラック」です。ペン先からクリップまで全てブラックで統一されています。写真では分かりにくいですが、定番の「ブラック」と比べて、ボディカラーがさらに1段黒い特別なカラーとなっています。並べると通常品がグレーに見えてしまうほどの真っ黒です。

LAMYの代名詞

Safariが発売が開始されたのは1980年のことです。考え抜かれた機能性と秀逸なフォルムによって世界的に人気を集め、今ではLAMYを代表するモデルとなっています。もともと小学生にも使える筆記具としてデザインされたため、ペン軸にはプラスチックが採用され、重量9.6gという軽さに仕上がっているのも人気の秘密です。また大きなクリップで厚いバインダーなどにも装着可能です。

所有する喜び

所有する喜びが感じられるのは、なにも何万円もする高価な筆記具だけに限りません。Safariは子供向けに作られたエントリーグレードの製品ですが、使用する中で不意に感動するようなディテールがいくつもあり、デザインを愛する多くの人に特別な満足感を与えてくれます。
詳細画像

機能美

Safariのペン軸は円柱の2面を平らにしたような形状です。これによって不意に転がるのを防ぎます。また、キャップにはワイヤーの大きなクリップが設けられ、厚い生地のポケットや、バインダーなどにも装着できます。
詳細画像

愛される使い心地

とても軽く、指にフィットする持ちやすい設計です。書くための機能をそのままカタチにしたようなSafariのデザインは、時代や世代を超えて今も愛され続けています。
詳細画像

分解したらインクの窓に注目

Safariのペン軸にはインクカートリッジの残量がひと目で分かる窓がついています。これに対し、グリップ側のパーツにもねじ山の先に窓のカタチをした切り欠きが入っています。注目は、このパーツの精度です。カートリッジを交換し、グリップをねじ込んでいくと、窓の部分と重なる位置でピタリと回転が止まってしっかり隙間無く固定されます。オーナーだけが分かる嬉しいポイントです。
詳細画像

特殊なグリップ形状

Safariのペン軸には窪みがあり、指にフィットするのが特徴です。使う人すら「おにぎり型の三角形」と思いがちですが、実はここにも秘密があります。ペン先に見える三角形と、実際に指が触れるグリップ部分の断面は全く異なるカタチをしています。これが長時間でも快適に使用できる持ちやすさにつながっています。
詳細画像
実はペン先の形状に合わせてグリップを最適化しています。ペン先の上下が決まっている万年筆は、手に持ったときに正しい角度になるよう凹みの位置が決められています。先に行くほど凹みが深くなり、最後は滑らないよう太くなっています。
詳細画像
写真左が万年筆の裏面で、グリップの裏面が丸みを帯びているのが分かります。対するローラーポイントはどんな角度でも掴めるようおにぎり型を採用しています。
詳細画像

さらに黒く、さらに格好良く

LAMYではもともと定番として「ブラック(ドイツ名はumbra)」が販売されていますが、今回のAllBlackはそのブラックを「さらに真っ黒に」したモデルです。例年の派手な蛍光色などに比べると今年の限定モデルは「違いが分かりにくい、マニアックなモデル」ということができると思います。ですが、All Blackは単体で見ても特別な雰囲気があり、通常の「ブラック」と並べて見ると、その格好良さが際立っています。Safariの「ブラック」は日本でも非常に良く売れている定番製品のため「人とかぶる」ことも多いですが、そんなときもAll Blackはきっと特別な優越感を与えてくれるでしょう。ちなみに、価格は通常モデルと同じです。
詳細画像

+と-でペンを識別

Safariシリーズの複数のペンを、ペン立てやペンケースに入れると、ペンの種類が分からなくなってしまう事があります。LAMYのペンは同じデザインでも蓋が「+が万年筆」「- がローラーボール」と分かれているので簡単に見分ける事ができます。
詳細画像

Safariへの招待状

Safariには、一度使えば手放せなくような、道具としての格好良さがあります。今回のAll-BlackはSafariのファンやコレクターはもちろんのこと、人と同じ定番のペンを使うことに抵抗を感じてこれまでSafariを敬遠してきた方にもおすすめのモデルです。
詳細画像
手を動かして、人生や仕事に沢山のアイデアを生み出してください。Safariで、書く事を楽しみましょう。
詳細画像

線の太さについて

万年筆の太さはM(中字)、F(細字)、EF(極細)の3タイプをご用意しています。LAMYは他社の万年筆に比べて僅かに線が太めの印象があります。また、M、F、EFそれぞれの線の太さの違いや書き味の違いも僅かです。(特に使い始めのうちは3つを並べて書き比べてようやく違いが分かる程度の微妙な差しかございません。)図やイラストを書くことが多い方はインク切れしにくい「M」、小さな文字や漢字を書きたい場合は「EF」、というように用途やお好みでお選びください。初めての万年筆を使用する方にはまずは「F」をオススメします。
詳細画像

ボックス入り

専用のボックス入りです。ギフトにもオススメです。なお弊店で扱う製品は全て日本正規輸入品です。安心してお求めください。

Purchase カートへ入れる

製品イメージ

Safari All-Black
2018限定仕様 万年筆 ( EF / F / M )

BRAND : LAMY
DESIGN : Wolfgang Fabian
SIZE : Ø14×L140 mm
¥4,320(本体価格¥4,000)
+ 弊店で本体をご購入いただいた方には交換用インクカートリッジ5本をプレゼント中です。本体に付属のインクカートリッジはブルーブラックですが、プレゼントのインクカートリッジの色はブラックもお選びいただけます。
製品イメージ

Ink
Safari用インクカートリッジ
5本入り

BRAND : LAMY
¥540(本体価格¥500)

※本体に付属するのと同じ純正インクです。差し替えるだけで手を汚さず簡単に交換できます。
製品イメージ

Ink Converter
Safari用インクコンバーター

BRAND : LAMY
¥864(本体価格¥800)

※万年筆用のボトルインクを吸引して使用するためのコンバーターです。繰り返し使用できます。

Brand ブランド

LAMY
ラミー
ラミー(LAMY)は1930年にドイツの古都ハイデルベルクで家族経営の独立企業として創立しました。LAMYというブランド名は1952年にスタートし、「ラミー 27」万年筆によってその躍進性と先進性が広く知られることになりました。マーケティングから生まれる迎合したモノ作りではなく、自ら新しい筆記具を創造しようとする同社の姿勢は国境を超えて世界中の人々を惹き付けています。
 今日、ラミーは年間約600万本の筆記具を生産し、ドイツ国内のマーケットリーダーというだけではなく、ドイツデザインを代表するブランドとして世界中にその名を知られています。そして、LAMYの全ての製品は今もハイデンベルクにある自社工場で作られています。
※WEBOが扱うLAMY製品は全て正規輸入品です。安心してお買い求めください。
ブランドのページを見る

Information 商品情報

ブランド LAMY / ラミー
デザイナー Wolfgang Fabian
サイズ 蓋を閉めた状態:直径14×D17(クリップを含む)×長さ140 mm
ペン軸(キャップを含まず):W12×L130 mm
重量 約17g (インクカートリッジを含む)
キャップを除いたペン軸:9.5g
素材 プラスチック / 他
生産国 ドイツ
内容 本体(インクカートリッジ付き) / ボックス

Delivery 配送・梱包

プレゼント包装
ラッピング可能な製品
ギフトボックス入り(1個単位)
最短で当日中に出荷
在庫があり営業日の14時までに決済が確認できたご注文は最短で当日中に出荷します。お急ぎの場合は事前にお電話でご確認ください。

Voice お客様のコメント

コメント募集中
製品のクチコミを送る