製品メイン画像

Side Shell Effel
サイドシェル・エッフェルベース

BRAND : Modernica
DESIGN : Charles & Ray Eames
SIZE : W480×D570×H780 mm
¥71,500(税込み・送料無料)
バリエーションを見る

20世紀を代表する偉大なチェア

シェルチェアは1949年にイームズ夫妻によってデザインされた 20世紀を代表する名作チェアです。素材には当時開発されたばかりのFRP(ガラス繊維強化プラスチック)が採用され、つなぎ目の無い滑らかな曲面の座面が実現しました。こうして生まれた『シェルチェア』は高いデザイン性と機能性を併せ持つチェアとして一躍有名になりました。また、高い耐久性と量産性を兼ね備えており、それまで家具職人の少量生産や定期的なメンテナンスが当然と考えられていた『良質なデザイン』を、誰もが所有できるものにしました。このデザインは1950年に生産が開始され、アメリカの家庭やオフィス、学校、スタジアムなど様々な場所で使われる定番チェアになりました。また、様々なカラーのシェルが作られ、組み替え可能な複数のベース(脚)が用意されたことで、それらを組み合わせて幅広い用途に対応できる拡張性の高いチェアとしての魅力も築きました。

Zenith社の機材で復刻

このシェルはロサンゼルスのMODERNICA(モダニカ)が復刻を手がける製品です。1949年にイームズ夫妻とともに1stモデルを開発し、1950~82年にかけてシェルチェアを製造していたZenith Plastics(ゼニス)の設備を使って製造しています。当時、金型や製造工程を開発したエンジニアのサール・フィンガーハット氏※が復刻や製造に携わり、金型や原料なども50年代当時のオリジナルにこだわって製作しています。(※2009年没)

エッフェルベース

エッフェルベースは細いスチールロッドを使い、素材特性を最大限に生かして作られた軽量で美しいベースです。力強さと繊細な美しさが共存する、他に類を見ないデザインに偉大なデザイナーの力が感じることができます。エッフェルベースは様々なインテリア空間にあわせやすく、ダイニングチェアやワークチェアとして多用途にお使いいただけます。

Zenithのシェル

シェルチェアは、デザイナーのイームズ夫妻とZenith Plastics(ゼニス社)の技術者たちによって開発された革新的なチェアです。当初のシェル(通称1st)はZenithの製品として販売されましたが、後に販売元のHermanMillerの名前が併記されるようになり(通称2nd)、最終的にはHerman Millerの名前のみが表示された製品(通称3rd)が作られました。その後、1989年にHerman Millerが製造販売を終了したことで、シェルチェアの製造は長く途絶えることになりました。しかし生産終了から11年後の2000年に、MODERNICAがゼニス社の古い工場と生産設備を買い取り、開発当時の技術者を集めてシェルチェアの復刻生産を開始しました。それが、このシェルです。

オリジナルとは何か

MODERNICA社による復刻生産から14年後の2014年、Herman Miller社も自社工場で製造したシェルの販売を開始しました。Herman Millerは法的権利が失効した現在でもイームズの遺族が管理する財団(Eames Office)から承認を得て製品作りを行っています。このため、当時と同じ製造設備や開発者が作るものをオリジナルと呼ぶのか、デザイナーの遺族団体が承認したものをオリジナルと呼ぶのか・・・両社とデザインファンの間では"オリジナル"をめぐる論争が続いています。ただしMODERNICA社(Zenith)のシェルと、Herman Millerのシェルは、いずれも他の模造品とは明らかに異なるバックグラウンドを有しており、いずれも"オリジナルとしての価値"を持った製品です。有名なバッグや時計の模造品に価値が無いように、家具の模造品も価値が無いばかりか、それを持つこと自体が所有者自身を貶める行為です。ぜひ、所有する喜びが感じられる価値あるチェア(ハーマンミラー製か、モダニカ製)をお求めください。
詳細画像

リビングに馴染む軽やかなチェア

サイドシェルチェアは、軽量で汚れにも強い機能性に優れたチェアです。そんなシェルチェアに特別な印象を与えたのが、エッフェルベースの存在です。エッフェルベースは細いスチールロッドを使うことで、軽さと強度を実現した画期的な構造を採用しています。繊細な作りが生み出す美しい構造美は他のベースには無い魅力です。組み合わせるシェルの色やインテリアによってエレガントな雰囲気にも、工業的な雰囲気にも見えます。背面から見たときにも脚の美しさが感じられるため、ダイニングでの使用にもぴったりです。また、木のテーブルとの相性も良くおすすめです。
詳細画像

カラーバリエーションも豊富

シェルチェアには豊富なカラーバリエーションが用意されています。お好みのカラーを組み合わせ、積極的にインテリアコーディネートを楽しんでください。ダイニングのチェアをそれぞれ別の色にするなどしても素敵です。
詳細画像

グラスファイバーの質感

座面に浮き出たファイバーはファンの間で『スノーフレーク』とも呼ばれ、イームズのシェルチェアの大きな特徴になっています。発表当時は生産性とデザイン性の両立を謳ったシェルチェアですが、実は生産効率が重視される現代のチェアと比べると、決して生産性の良いチェアとは言えません。シェルに使われているグラスファイバーはグラスファイバーの長いロープを専用のマシンで細かく裁断して作られます。カットされたグラスファイバーは手作業で金型全体に敷き詰められ、その金型の中に樹脂が充填されます。充填された樹脂は時間をかけて硬化し、強靭な特性を持ったFRPのシェルが完成します。金型から取り出されたFRPのシェルはエッジからはみ出たファイバーのカット、研磨、マウントの接着など、いくつもの行程を経て完成します。こうした工程はカリフォルニアにある工場で、人の手によって行われています。
詳細画像

合理的な構造

エッフェルベースはその名の通り、エッフェル塔を思わせる構造美をもった脚です。太さの異なる2種類の細いスチールロッドを組み合わせ、細いシルエットで高い強度を実現しています。単純な4本足のHベースよりも軽量に仕上がっていることが、いかに無駄の無いデザインかを物語っています。
詳細画像

メタルグライズ

脚の先は広い面積で接地する丸みを帯びたグライズになっています。ゴムの弾力でグライズが動きフロアの微妙な傾斜にもしっかりと追従します。フラットで丸みを帯びているため床を傷つけにくいですが、心配な場合にはフェルトを張るなどの対策を行ってください。
詳細画像

MODERNICA

座面の裏にはモダニカのロゴが入っています。(ステッカーは製造時期によって異なります)
詳細画像
2021年以降に生産された製品は裏面の接着剤の色がブラックに変更されています。ただし、メーカー在庫の状況などによって2色が混在しており指定はできませんのでご了承ください。

Purchase カートへ入れる

Designer デザイナー

Charles & Ray Eames / チャールズ & レイ イームズ
デイームズ夫妻はアメリカのミッドセンチュリーを代表するデザイナーです。1940年にニューヨーク近代美術館で積層合板を三次元的に曲げた家具を発表。1941年に結婚し夫妻としてデザイン活動を始めます。戦時中に負傷兵のための添え木の開発を依頼され、そこで積層合板に関する高度な技術を獲得したといわれています。戦後は積層合板を使った家具の開発を積極的に行いました。1948年にハーマンミラー社のデザインディレクターに就任したジョージ・ネルソンがイームズ夫妻をデザイナーとして起用。1950年代になると夫妻が手がけた多くの製品がハーマンミラー社を通じて発売され、スターデザイナーとして人気を博しました。中でも全てプライウッドで作られたLCWは20世紀の名作チェアに数えられています。さらに、当時まだ新しかったFRP(強化繊維プラスチック)を使った『シェルチェア』をZenith社と共に開発し、これまでに無い新しいデザインでも世界を驚かせました。イームズ夫妻が手がけたこれらの製品は現在でもその多くが生産されており、今も人々を魅了しています。

Brand ブランド

Modernica MODERNICA / モダニカ
モダニカは1950~70年代のデザイナー家具や小物を扱うアメリカ・ロサンゼルスのブランドです。モダンデザインのビンテージ家具を取り扱う扱う一方で、オリジナル製品の開発や、ゼニス社の機材を使用したイームズのシェルチェアの復刻などメーカーとしても存在感を高めています。
ブランドのページを見る

Information 商品情報

ブランド MODERNICA / モダニカ
サイズ W480×D570×H780 mm(公称寸法)
座面の高さ : 47cm(公称寸法)
※座面のヒップの高さ:約42cm(実測値)
※座面の膝裏の高さ:約45cm(実測値)
※高さ:79.5 cm(実測値)
重量 約4.2kg(シェル:約2.5kg / エッフェルベース:約1.7kg)
素材 FRP(ガラス繊維強化プラスチック) / スチール / ゴム
復刻ストーリー Zenith(ゼニス)のシェルチェアを蘇らせたMODERNICA

それは1987年、のちのモダニカ創立者となるFrank NovakとJay Novakがある工場の駐車場で無造作に積み上げられていた12,000個のグラスファイバーシェルを見つけた事からはじまりました。
その工場こそチャールズ・イームズがシェルチェアを誕生させ、1950年~1983年までハーマンミラー社にシェルチェアを製造し納めていた、あのZenith(ゼニス)工場だったのです。
※正確にはこの時、Zenith PlasticsはCentury Plasticsに社名が変わっています。

彼らは1989年モダニカ社を設立。工場再建のため壊れた機械を修理し、シェルチェア製造の鍵となっていた人物を探しました。時代と共に失われたものを一つずつ見つけ出し、繋ぎ合せる事で工場は再び息を吹き返したのです。こうして2000年、Zenith工場の金型とプレス機を使いモダニカはグラスファイバーシェルチェアを蘇らせました。

製造監督を務めたのは、シェルチェア誕生に最も重要な役割を果たしたSol Fingerhut(サール・フィンガーハット)氏でした。彼は革新的な合成グラスファイバー製品を、航空関係、風力、医療機器等むけに開発したエンジニアとして知られ、1949年チャールズ・イームズと共に、グラスファイバーシェルチェアの製造に必要な金型やプレス機を開発しました。モダニカとサール・フィンガーハット氏は素材や製法にもこだわり、当時使用していた機器を使用するだけでなく、グラスファイバーは当時と同じメーカーからまったく同じ物を仕入れ、一部老朽化したZenith工場の金型も当時と同じメーカーで作り直すといったこだわりを持ち、一つ一つ手作業でチャールズ・イームズのフィロソフィーに忠実な製品を作り上げてきました。

2009年、サール・フィンガーハット氏は亡くなるまでずっとモダニカと共に仕事をしてきました。サール・フィンガーハット氏によってデザインされた機器は、現在モダニカのロサンゼルス工場に移され1950年に初めて稼動した時から60年経った今も変わらず動いています。

デザインの版権が切れたことで、様々なブランドや工場によって製造されているシェルチェア。時代と共に製造方法や形、素材など少しずつ変わってきました。そのような中、モダニカはミッドセンチュリー時代の物づくりの精神、オリジナルへのこだわりと歴史を受け継ぐ数少ないメーカーとして世界で知られています。
注意 50年代の製法を受け継ぎ手作業で製造しているため、造りムラ等がございます。ファイバー繊維の焦げや若干の異物混入、脚に若干のがたつきがある場合ございます。スタッキング状態で輸入の為、打ち傷・すり傷・金属部分に劣化等ある場合がございます。これらは不良や交換の対象となりませんので、あらかじめご了承ください。

※表面の汚れは薄めた中性洗剤を使ってタオルで拭き取ってください。洗剤で落ちない汚れの多くは台所用のメラミンスポンジやプラスチック用のコンパウンドを使って落とすことができます。
生産国 アメリカ(カリフォルニア)
内容 本体 / ボックス

Delivery 配送・梱包

プレゼント包装
ラッピング不可
簡易パッケージ
最短で当日中に出荷
在庫があり営業日の14時までに決済が確認できたご注文は最短で当日中に出荷します。お急ぎの場合は事前にお電話でご確認ください。

Voice お客様のコメント

コメント募集中
製品のクチコミを送る