メイン画像

Fiberglass
Side Shell Chair
サイドシェルチェア(座面)

BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)
COLOR
バリエーションを見る

20世紀の名作

シェルチェアはイームズ夫妻によってデザインされた20世紀を代表する名作です。当時開発されたばかりのFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を使うことで、自由な曲面を製作することができるようになり、それまで一般的だった木製のチェアに比べて座り心地が格段に向上しました。さらに、高い耐久性と量産性を兼ね備えたことで、良質なデザインを誰もが所有できるようになりました。豊富なカラーのシェルと、用途に応じたさまざまなベース(脚)を組み合わせることで、幅広い用途に対応することができる拡張性の高さも魅力です。

Zenith社の機材で生産

このシェルはロサンゼルスのMODERNICA(モダニカ社)が復刻を手がける製品です。1949年にイームズ夫妻とともに1stモデルを開発し、1950~82年にかけてシェルチェアを製造していたZenith(ゼニス社)の設備を使って製造しています。当時の金型や製造工程を開発したエンジニアのサール・フィンガーハット氏※が復刻や製造に携わり、金型や原料なども50年代当時のオリジナルにこだわって製作しています。(※2009年没)

オリジナルとは何か

画期的なシェルチェアは、デザイナーであるイームズとZenith社(ゼニス)の技術者によって開発されました。当初のシェル(1st)はZenithの名前で販売されていましたが、途中から販売元のHermanMiller社(ハーマンミラー)と、製造元のZenithの名前が併記されたWネームへと変わり(2nd)、最終的には販売元のHermanMillerのロゴだけが刻印されるようになりました(3rd)。そして1989年にHermaMiller社が販売を終了したことで、シェルチェアの製造は長らく途絶えることになります。生産終了から10年後の2000年、MODERNICA社(モダニカ)がZeninthの古い工場や設備を買い取り、開発当時の技術者を集めてシェルの復刻生産を始めました。さらにそれから、14年後の2014年にはHermanMiller社も別の工場で製造したファイバーグラス製のシェルの復刻販売を開始しました。HermanMiller社は、法的な権利が失効した現在でもイームズの遺族が管理する財団(EamesOffice)から承認を得ています。製造設備や開発者が同じものをオリジナルと呼ぶのか、それともデザイナーの遺族団体が承認した会社が販売するものをオリジナルと呼ぶのか・・・両社とファンの間では"オリジナル"をめぐる論争が続いています。ただし(最初のモデルを製造開発した)ゼニス社のシェルと、(遺族団体から承認を得た)ハーマンミラー社のシェルは、どちらも他の模造品とは明らかに異なる"オリジナルとしての価値"を有した製品であることは間違いありません。

ベース(脚)について

お好きなベースをお求め下さい。組み合わせる脚の形状によってリラックススチェアとしても、ダイニングチェアとしてもご使用いただけます。
>>ベースとの組み合わせを選択する
詳細画像
アークティック・アイスのシェルと、Hベースの組み合わせです。ミニマムなデザインが際立ちます。
詳細画像
アークティック・アイスのシェルと、エッフェルベースの組み合わせです。シェルチェアといえばこれが有名。
詳細画像
レッドのシェルと日本製のキャッツクレードルの組み合わせです。ベースを換えるだけで違った用途に使えます。ローソファやモダンな和室との相性も抜群です。
詳細画像
ホワイトのシェルと、日本製のドゥエルレッグベースの組み合わせです。どんなお部屋でもお洒落に使用できます。純正品のベースよりシャープな印象です。
詳細画像
チャコールブラックのシェルと、日本製レプリカのドゥエルレッグベース・ダークウッドの落ち着いた組み合わせです。
詳細画像
ピンクのシェルと、日本製レプリカのドゥエルレッグベース(ダークウッド)の組み合わせです。
詳細画像
アークティックアイスのシェルと、純正のエッフェルベース(ブラック)の組み合わせです。シルバーより温かい印象になります。
詳細画像
アップルグリーンのシェルに、Hベースの組み合わせです。カジュアルな雰囲気が引き立ちます。
詳細画像
アップルのシェルに、ドゥエルレッグベースの組み合わせです。木の素材を取り入れることで、量産品のイメージが強いシェルチェアがぐっと温かい印象になります。
詳細画像
背面から見た美しさもシェルチェアの魅力のひとつです。シンプルでバランスの取れた姿が印象的です。ダイニングやオフィスで並べて使うとより魅力的です。
詳細画像
アークティック・アイスは日本限定カラーです。ファイバーとの相性がとてもよく、色に深みと奥行き感があります。
詳細画像
こちらはアップルです。質感のあるきれいなグリーンで、他の椅子には真似のできないハイセンスなコーディネートが可能です。
詳細画像
シェルのエッジは金型から出したあと手作業で研磨して仕上げます。断面の色が違うのはそのためです。
詳細画像
裏面です。いわゆるナローマウントを採用していますので、お好きなベースに交換できます。
詳細画像
Hベースのグライズ部分です。日常の目線から見ると上質な金属の質感ですが、床と接する部分はプラスチックを使って傷を防いでいます。
詳細画像
ドゥエルレッグのメープルウッド仕様です。天然木のナチュラルな質感が、ダイニングなどのホームユースにふさわしい印象を与えてくれる逸品です。
詳細画像
エッフェルベースは細い金属ロッドを編み上げるようにして作られています。繊細な曲げと溶接が必要なため、古いエッフェルよりも綺麗な仕上がりになっています。(※ベースは別売
詳細画像
日本製のレプリカ(左)と、モダニカの純正(右)のエッフェルベースを比較しました。溶接は日本製の方が綺麗なのですが、モダニカ純正の方が格好良いと思います。

Purchase カートへ入れる

Fiberglass
Side Shell Chair

CHACOAL チャコール
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)

※写真のベースは一例です。用途に応じてお好みのベースをお買い求めください。

Baseとの組み合わせを見る
Fiberglass
Side Shell Chair

ARCTIC ICE アークティックアイス
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)

※写真のベースは一例です。用途に応じてお好みのベースをお買い求めください。

Baseとの組み合わせを見る ※日本限定カラーです。裏面に日本の正規輸入元のロゴが印字されている場合があります。
Fiberglass
Side Shell Chair

WHITE ホワイト
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)

※写真のベースは一例です。用途に応じてお好みのベースをお買い求めください。

Baseとの組み合わせを見る
Fiberglass
Side Shell Chair

PINK ピンク
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)

※写真のベースは一例です。用途に応じてお好みのベースをお買い求めください。

Baseとの組み合わせを見る
Fiberglass
Side Shell Chair

APPLE アップル
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)

※写真のベースは一例です。用途に応じてお好みのベースをお買い求めください。

Baseとの組み合わせを見る
Fiberglass
Side Shell Chair

RED レッド
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)

※写真のベースは一例です。用途に応じてお好みのベースをお買い求めください。

Baseとの組み合わせを見る
Fiberglass
Side Shell Chair
other color (その他のカラー)
BRAND : MODERNICA
DESIGN : C&R Eames
SIZE : W470×D540(mm)
シェルチェアのカラーバリエーションは上で紹介しているものを含め全部で27色ございます。お好みのカラーでコーディネートをお楽しみください。
Baseとの組み合わせを見る >>カラーリストを見る

Brand ブランド

modernica MODERNICA
モダニカは、イーズムをはじめとした’50~’70年代のデザイナー家具や小物を扱うアメリカ・ロサンゼルスのブランドです。モダンデザインのビンテージ家具を扱う一方で、オリジナル製品の開発や、ゼニス社の機材を使用したシェルチェアの復刻などメーカーとしても存在感を見せています。
ブランドのページを見る

Voice お客様のコメント

コメント募集中
製品のクチコミを送る

Information 商品情報

ブランド MODERNICA / モダニカ (アメリカ・カリフォルニア)
素材 FRP(ガラス繊維強化プラスチック) / ラバー / 他
生産国 U.S.A (アメリカ)
脚について shell base
用途に応じてお好きなベース(脚)を選ぶことができます。
ベースとの組み合わせはこちらのページからご注文頂けます。
復刻ストーリー Zenith(ゼニス)のシェルチェアを蘇らせたMODERNICA
それは1987年、のちのモダニカ創立者となるFrank NovakとJay Novakがある工場の駐車場で無造作に積み上げられていた12,000個のグラスファイバーシェルを見つけた事からはじまりました。
その工場こそチャールズ・イームズがシェルチェアを誕生させ、1950年~1983年までハーマンミラー社にシェルチェアを製造し納めていた、あのZenith(ゼニス)工場だったのです。
※正確にはこの時、Zenith PlasticsはCentury Plasticsに社名が変わっています。

彼らは1989年モダニカ社を設立。工場再建のため壊れた機械を修理し、シェルチェア製造の鍵となっていた人物を探しました。時代と共に失われたものを一つずつ見つけ出し、繋ぎ合せる事で工場は再び息を吹き返したのです。こうして2000年、Zenith工場の金型とプレス機を使いモダニカはグラスファイバーシェルチェアを蘇らせました。

製造監督を務めたのは、シェルチェア誕生に最も重要な役割を果たしたSol Fingerhut(サール・フィンガーハット)氏でした。彼は革新的な合成グラスファイバー製品を、航空関係、風力、医療機器等むけに開発したエンジニアとして知られ、1949年チャールズ・イームズと共に、グラスファイバーシェルチェアの製造に必要な金型やプレス機を開発しました。モダニカとサール・フィンガーハット氏は素材や製法にもこだわり、当時使用していた機器を使用するだけでなく、グラスファイバーは当時と同じメーカーからまったく同じ物を仕入れ、一部老朽化したZenith工場の金型も当時と同じメーカーで作り直すといったこだわりを持ち、一つ一つ手作業でチャールズ・イームズのフィロソフィーに忠実な製品を作り上げてきました。

2009年、サール・フィンガーハット氏は亡くなるまでずっとモダニカと共に仕事をしてきました。サール・フィンガーハット氏によってデザインされた機器は、現在モダニカのロサンゼルス工場に移され1950年に初めて稼動した時から60年経った今も変わらず動いています。

デザインの版権が切れたことで、様々なブランドや工場によって製造されているシェルチェア。時代と共に製造方法や形、素材など少しずつ変わってきました。そのような中、モダニカはミッドセンチュリー時代の物づくりの精神、オリジナルへのこだわりと歴史を受け継ぐ数少ないメーカーとして世界で知られています。
注意 50年代の製法を受け継ぎ手作業で製造しているため、造りムラ等がございます。ファイバー繊維の焦げや若干の異物混入、脚に若干のがたつきがある場合ございます。スタッキング状態で輸入の為、打ち傷・すり傷・金属部分に劣化等ある場合がございます。これらは不良や交換の対象となりませんので、あらかじめご了承ください。

※表面の汚れは薄めた中性洗剤を使ってタオルで拭き取ってください。洗剤で落ちない汚れの多くは台所用のメラミンスポンジやプラスチック用のコンパウンドを使って落とすことができます。
内容 シェル本体

Delivery 配送・梱包

プレゼント包装 納期

Other Products こんな製品もございます

Modernica Fiberglass Arm Shell Chair アームシェルチェア / Eames
Arm Shell Chair
EAMES
¥68,040~
Hockney / E&Y
Hockney
E&Y
¥302,400~
Leg Splint Keyholder レッグスプリント キーリング / Playmountain
Leg Sprint Keyholder
Playmountain
¥8,640
A/D2 Shoe's rain cover
Shoe's Rain Cover
All Day All Dry
1,944
modernica シェルチェア用ベース
Modernica Shell Base
MODERNICA
¥29,160~
Eames House Bird イームズ ハウス バード / Vitra
Eames House Braid
Vitra
¥20,520