製品メイン画像

BOX FAN
ボックスファン

BRAND : Lasko
SIZE : W525×H555×D106 mm
¥8,964(本体価格¥8,300)

薄型の扇風機

長年いろいろな種類の扇風機を販売していますが、私(井村)が自宅で長年愛用しているのはこのファンです。メーカーはアメリカで100年以上の歴史を持つ電器メーカーのLASKO社です。主要パーツの製造から組み立てまで全ての製造工程をアメリカ国内で行っています。大きな直径のファンですが、モーターを羽根の中心に収めることで厚さを抑えています。そのため、ボディの厚みはわずか10.6cmです。薄いボディはリビングでも寝室でも置き場所を選ばず、使用中も生活の邪魔になりません。また、とても軽量で持ち運びがしやすく、冬場のオフシーズンも小さな隙間にすっきり収納できるなど、軽快な使用感が大きな魅力になっています。

大径ファンのメリット

大きな直径のファンで大量の空気をゆっくりと動かすことで、自然の中にいる時のような心地良い空気の流れがお部屋全体に生まれます。ファンの前だけでなく、リビングにいる誰もが快適に過ごすことができるのがこの製品の最大の特徴です。特にエアコンを併用する真夏は足元の冷たい空気を大きく循環させてくれますので、トータルの消費電力を削減しながら快適に過ごすことができます。また、春先や秋口は窓際にファンを置いて涼しい外気を取り込むことができるなど、お住まいの環境や好みに応じた使い方ができます。
詳細画像

厚さ11cm

本体の厚さが11cmと非常に薄いのが特長です。狭いお部屋でも圧迫感が無く、お好きな場所に設置することができます。2018年モデルはプラスチック成型の精度が向上しています。
詳細画像

軽さも魅力

本体はとても軽量です(約2.7kg)。そのうえ、大きな持ち手が付いていますので、気軽に方向を変えたり、好きな場所に移動することができます。
詳細画像

Lasko 2018

アメリカで100年以上の歴史を持つ電器メーカーLasko社の製品です。主要パーツの製造から組み立てまで全ての製造工程をアメリカ国内で行っています。
詳細画像

ロータリースイッチ

ファンの操作は本体上部の大きなロータリースイッチで行います。ファンの直径が大きいため1でもゆっくりとした風速で大きな風量が得られ、3にすると日本の製品には無いほどの大風量になります。アメリカ製品にお馴染みの 0(停止)→3(強)→2(中)→1(弱)の配置に戸惑うかもしれませんが、慣れると普通にお使いいただけます。
※解説:このスイッチの配列は、1(弱)で使用するときにも一瞬必ず3(強)を通過するため、停止したブレードを動かすのに必要な電力を供給できます。複雑な電子制御を行わず、壊れにくいシンプルな構造でファンをスムーズに動作させる工夫です。
詳細画像

合理的な構造

ブレードの中央にモーターを内蔵しています。プラスチック、アルミ、スチールを組み合わせた合理的な構造です。
詳細画像

転倒を防止

転倒を防止するための足が付属しています。収納時は脚を取り外すこともできます。
詳細画像

プラグもお洒落

日本のPSEに対応しています。ブルーの極性プラグは見た目にもおしゃれです。
詳細画像

快適な使用感

アメリカでは定番の「ボックスファン」は、大きな羽が特徴です。大風量でお部屋の空気を循環させて、快適な空間を実現します。それ以外にも、窓枠に置いて涼しい外気を取り入れたり、お部屋を素早く換気したりと様々な使い方ができます。
詳細画像
※WEBO HOUSEにて展示中の写真です。

Purchase カートへ入れる

製品イメージ

BOX FAN
ボックスファン

BRAND : Lasko
SIZE : W525×H555×D106 mm
¥8,964(本体価格¥8,300)

Information 商品情報

ブランド Lasko / ラスコ(アメリカ)
サイズ W525×H555×H106 mm
重量 約2.7kg
特記事項 ※プラグは左右非対称の極性プラグです。
※パッケージの色やグラフィックは予告無く変更になる場合があります。
素材 スチール、プラスチック、他
保証 メーカー保証 6ヶ月
生産国 アメリカ合衆国
内容 本体 / 脚 / 説明書(英語/スペイン語) / 日本語説明書(保証書) / 箱

Delivery 配送・梱包

プレゼント包装
ラッピング不可
ボックス入り(1個単位)
最短で当日中に出荷
在庫があり営業日の14時までに決済が確認できたご注文は最短で当日中に出荷します。お急ぎの場合は事前にお電話でご確認ください。

Voice お客様のコメント

東京都
T様
アメリカ製という事でうるさいファンを想像していましたが、思ったよりもかなり静かでした。音質の違いもあると思いますが、これまで使っていたパナソニックの扇風機より静かに感じます。16畳しかない我が家のリビング(LDK)では風量2でも十分すぎるほどパワフルでした。風量1でも室内のムッとした感じが緩和されるので、とても快適です。風量1にして壁際に置いていると、音は全く気になりません。風量を3にすると、ブーンという大きな音がします。ただ、これも不快な音質ではないので、ホットプレートを使うときなどは網戸の前に置いて換気扇代わりにしています。風量を上げると軽い本体がアニメのように小刻みに揺れて、がんばっている感じがするのも可愛いです。もう3年くらい使っていますが、絶対に手放せない扇風機になりました。もしも壊れたらまた同じ物を買おうと思っています。
井村(店長) 自宅で10年ほど使用しています。マンション暮らしなので、冬場に小さく収納できることが本当に助かっています。収納の感覚としては、厚手のコートくらいでしょうか。クローゼットや物置に入れても全く圧迫感がありませんし、ベッドの下の隙間に収納しているお客様も多いようです。

ボックスファンの使用感は「快適」の一言に尽きます。毎年、春先から使い始めますが、ファンを動かすと室内環境が一変してグッと快適になるのを実感できます。エアコンと併用すると足元が冷えたり頭が火照ったりするのを防ぐ事ができ、空気の淀みが無くなって部屋のどこにいても空気の流れを感じられるのが心地良いです。鼻先に置いて微風で使うという概念は無いですが、部屋全体が微風と思っていただけると分かりやすいと思います。エアコンの冷え方が苦手という方にも、このファンはオススメできると思います。本体がとっても軽く、気軽に動かせるのもポイントです。
ちなみに、自宅のリビングは40平米ほどですが風量を3(強)にすると書類が吹き飛ぶくらい強烈なので、ほとんど使うことはありません。ほとんどの時間は、1(弱)と2(中)で事足ります。とはいえ、締め切った暑い部屋の空気を強制換気したいときや、暑い屋外から帰って体を冷やしたいときなどには3の風量が気持ちよく、これも大活躍してくれます。

素材はプラスチックと薄いスチールで、ネジなども隠さずにそのまま見せてしまう素朴なアメリカンデザインです。素材感のあるインテリアともよく似合いますし、個人的には『夏の雰囲気』にも似合っている気がします。ただ、悪く言えば安っぽいので高級感のあるエレガントなインテリアや完成度の高いデザインを好まれる方にはスイスのStadlerformの扇風機をおすすめします。

最後に、よくご質問を受ける動作音について書いておきます。音の感じ方は個人差が大きいため、返答がとても難しいですが、目の前で風量を最大にすると風切り音は大きいです。ただ、個人的に使用していて音が気になるという事はなく、むしろ静かなファンだと感じています。理由は、音に不快な成分が含まれていないことと、最大風量を使う機会が少ないことが挙げられると思います。基本的にファンのサイズが大きいので、同じような風量であれば小さなファンよりも効率が良く風切り音も小さく抑えられます。また、風量1(弱)でもそれなりにパワーがあるので、音を気にされる方は1を使って静かに使用いただくのが良いと思います。また、ボックスファンは目の前に置いて使うというよりも、距離を離して使うような使い方が似合うファンなので、実生活の中ではより静かに感じられると思います。(※1mの距離で使っていた扇風機を3mに離した場合の音量は、単純計算で約9分の1になります)
コメント募集中 皆様からのコメントをお待ちしています。
製品のクチコミを送る