Companion

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
companion サイドテーブル Companion
with Magagine Rack

BRAND : DUENDE
DESIGN : Peter Mac Cann
SIZE : W475×D175×H440(mm)


¥17,280(税込み・送料無料)
カートへ入れる

>>その他のタイプとカラー
ソファやリラックスチェアの横に置いて使用するためのサイドテーブルです。細身のボディはお部屋の邪魔にならず、快適でスタイリッシュな空間を構築できます。軽やかなフレームデザインが特長です。

木目はリバーシブル
天板は陶器とウッドを組み合わせた上質な質感です。ウッドの部分はリバーシブルの突板になっていますので、ウォールナットとオークの木目を季節やシーンに合わせて変更できます。

マグカップに最適な陶器のトレー
陶器のトレーは汚れに強く、耐熱性にも優れているのでマグカップを置くのにもコースターは不要です。汚れても水拭きや丸洗いができるのでいつも清潔です。

マガジンラック
テーブルの下のマガジンラックは雑誌や新聞だけでなく、リモコンなども収納でき使い勝手に優れています。そして、このデザインと質感を手頃な価格で実現している点も大きな魅力です。

Neil Sofaの写真撮影でも使用しています。
細長い合理的な形状はソファにピッタリと寄り添うシンプルで軽やかなデザインです。
陶器のトレーは汚れに強く耐熱性があるため、熱いマグカップや結露したグラスを置くのにも最適です。
木部の片面はウォルナットのツキ板です。
裏返すとオークのツキ板になります。
マガジンラックは合成皮革です。見た目には本革のような質感です。
溶接による細いスチールの脚が軽やかさのを生み出しています。透明な滑り止めがついています。
使用イメージです。ソファの横に置いて使用するのがオススメです。
普段は見えない板の側面にはあえて処理を施さず、コストを抑えています。
Companion(マガジンラック付き)
シルバーフレーム+ブラックトレイ
¥17,280(税込み・送料無料)
カートへ入れる
Companion(マガジンラック付き)
シルバーフレーム+ホワイトトレイ
¥17,280(税込み・送料無料)
カートへ入れる
Companion(マガジンラックなし)
ブラックフレーム+ブラックトレイ
¥12,960(税込み・送料無料)
カートへ入れる
Companion(マガジンラックなし)
シルバーフレーム+ホワイトトレイ
¥12,960(税込み・送料無料)
カートへ入れる
みんなのコメント
コメント募集中 ※2016年4月にコメント機能をスタートしました。
 ただいま、皆様からの感想を大募集しています。
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
サイズ W475×D175×H440(mm)
重量 5kg
素材 スチール (粉黛塗装仕上げ)
MDF(両面ツキ板仕上げ ウォルナット・オーク リバーシブル)
陶器
PVC(合成皮革)
パーツ販売 天板の陶器パーツには安心してご利用いただける十分な強度がございますが、想定外の強い衝撃が加わると破損(ワレ・カケ)する恐れがあります。万一、引越しやお子様のいたずらなどにより破損が生じた場合には、下のボタンから部品としてお買い求め下さい。また、陶器の色はホワイトとブラックの2色をご用意しておりますので、気分や季節に応じて色を変えて楽しむこともできます。

Companion 陶器製天板トレー パーツ(ブラック)
¥972
カートへ入れる

Companion 陶器製天板トレー パーツ(ホワイト)
¥972
カートへ入れる
内容 本体 / 箱
ブランド
DUENDE デュエンデは2002年9月にスタートしたコンテンポラリー家具とインテリアプロダクトを紹介するプロダクトレーベルです。国内外の様々なデザイナーを起用し、ミニマムな中に温かみを感じるようなデザインをコンセプトに製品開発を行っています。様々な国籍、様々な素材、様々なカテゴリー、それらうまくコーディネートし、国境にとらわれずどの国でも親しんで頂けるプロダクト作りを目指しています。
このブランドのその他の製品一覧
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
THE SHEEP BENCH シープ ベンチ / NORRMADE ノルメード
Sheep
NORRMADE
¥39,960

V.K coffee table
LANDSCAPE
¥105,840
Eiermann Table 2 アイアーマン・テーブル アイアーマンテーブル2 / RICHARD LAMPERT
Eiermann Table 2
RICHARD LAMPERT
¥113,400
前のページへ戻る
ライン