WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
いま、あなたのお部屋の湿度は何パーセントですか?
快適な室内環境をつくるには、温度と湿度のバランスが大切です。 ちなみに、日本における快適な室内環境は、夏場で23度70%〜27度50%、冬場なら18度65%〜25度45%くらいと言われています。 特に湿度を間違えるとインフルエンザや肌トラブル、カビや結露など健康にも害を及ぼしかねません。 快適な湿度はざっくり60%程度と覚えておくと良いでしょう。

感覚で把握するのは難しい
快適に過ごせる条件を知っていても、温度や湿度を感覚だけで把握するのは困難です。 体感温度を頼りに冷暖房を使っていると、どことなく気持ち悪く感じたり、実際に不健康な環境を作ってしまうことがあります。 特に、湿度は温度と逆相関の関係(温度を上げると湿度が下がる)にあるため、無意識に冷暖房を使っていると湿度10%以下や湿度90%以上という極端な環境に陥ってしまうことも珍しくありません。

省エネで快適に
例えば、冬のある日、自分の体感ではお部屋が寒いと感じているとします。 でも、実際の室温は十分に高く、お部屋が乾燥しているだけという事があります。 暖房で空気を暖めると相対的に空気が乾燥するため、実際より寒く感じられるのです。 このまま、体感に任せて暖房を強くすると、乾燥した空気でウィルスに感染しやすくなったり、発疹などの肌トラブルを引き起こしやすくなったりします。 そんな環境では、暖房を強くするのではなく、まずは加湿を行うことが重要です。 また、逆に乾燥していると思い込んで加湿器を積極的に使っていると、必要以上に湿度を上げて窓際や壁にカビや結露を発生させてしまうことがありますが、そうした失敗も未然に防ぐことができます。 快適な室内環境には、何よりも『バランスが重要』なのです。
 これは夏場も同じです。体感では暑いと感じていても実際には湿度が高いだけのことがあります。そこで無理にエアコンを強くしてしまうと、体調を壊してしまいます。 湿度と温度を正確に把握して、空調や加湿器を上手に活用することで、無駄なエネルギーを使わずに快適で健康的な室内環境を作ることができます。
 そのために、WEBOでは温度と湿度が同時に分かるウェザーステーションの活用をお勧めしています。 ウェザーステーションで数字を見ることで、お部屋の状態を客観的に知ることができ、体感温度に頼らない正しい空調が行えるようになります。
ウェザーステーション
Weather Station
JACOB JENSEN
¥28,080
2027 温湿度計 / BARIGO
Weather Station
Barigo
¥10,800
BRAUN BNC014 Digital Clock デジタルクロック 2way
BNC014
BRAUN
¥12,960
OSKAR BIG オスカービッグ Evaporator 加湿器 / Stadler Form
Oskar "Big"
Stadler Form
¥32,400
ウェザーステーション
Evaporator
Stadler Form
¥16,200
Robert The powerful air improver ロバート 空気清浄加湿器 / Stadler Form
Robert
Stadler Form
¥62,640
ライン