LOMO fisheye(魚眼カメラ2)

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
Lomography fisheye2 Lomography
fisheye2


DESIGN : Lomography
SIZE : W106×D69×H66mm


¥8,208 (本体¥7,600+税)
カートへ入れる
世界で空前のトイカメラブームを引き起こしたLomographyの魚眼カメラ『fisheye』の進化版です。
今までのトイカメラのイメージを覆えす高い質感と豊富な機能を備えています。

とにかくこれを持って街中に出かけましょう!ファインダーを覗けば日常の風景も
特別な視覚世界に変わります。あとはひたすら撮りまくるだけです!!
使用するフィルムや現像は普通のカメラと全く同じです。

fisheye2は機能が凄い
・レンズの精度がアップ(170度の視野角はそのままに、鮮明な写真が撮影できます)
・多重露光(1枚の写真に2つ以上の写真をミックスできます!)
・長時間露光(暗い部屋でも撮影できるようになりました)
・取り外し可能な広角ファインダー付き(仕上がりのイメージをファインダーで確認できます)
・ホットシュー(外部フラッシュが接続できます)
写真サンプル1 (fisheyeで撮影)
写真サンプル2 (fisheyeで撮影)
随所にアルミパーツを使用。精度の高い面取り仕上げにトイカメラの安っぽい雰囲気は微塵もありません。
お馴染みの動物モチーフ、今回はカニです。スライドスイッチで露光時間の変更とロックができます。
フィッシュアイに無かった広角のファインダーが付属。仕上がりのイメージが確認できるようになりました。
裏面は機能性重視のシンプルな作り。黒いプラスチック部分は光沢塗装仕上げです。
スライドスイッチで多重露光が可能になりました。1枚の写真に2つ以上の写真をミックスできます。
向かって右下に内蔵フラッシュのON・OFFスイッチが付いています。
視野角170度の超広角レンズを搭載しています。レンズ精度が向上し、被写体をくっきり描写します。
可愛いボックスはちょっとしたプレゼントにも最適です。写真集やポスターなど付属品も充実しています。
ブランド
lomography ロモの歴史は旧ソビエト連邦の軍事工業省がLOMO PLC社に一般向けカメラの製造を依頼したことから始まりました。PLCの技術者は『誰でも何処でも毎日使えるカメラ』を目指し『コンパクト』で『オートマチック』なカメラ『LC-A』を開発します。そしてこのLC-Aには当時のPLC社が独自の研究開発を行い完成させた『MINITAR 1』と呼ばれる表現力豊かなレンズが世界で唯一搭載されたのです。
 そして、民主化されたばかりのブラハを訪れたウィーンの学生(マティアスとウォルフガング)がこのカメラに出会ったことでLOMOの歴史は大きく変わります。彼らはこのカメラから生まれる生物的な写真の魅力を知ると、それを知人や友人に紹介しました。そうした地味な活動を繰り返すうちLC-Aの魅力はオーストリア中に広がり、彼らのアパート兼オフィスにはLC-Aを求める人々が訪れるようになります。こうしてLC-Aの販売を始める『Lomographyc Society』が誕生したのです。やがて彼らはロシアの厳しい社会情勢の中 PLC社との直談判を行い、一時は生産中止に追い込まれたLC-Aの再生産を実現させます。そしてロシア生まれのLC-Aはオーストリアのエッセンスを加えた『LOMO PACK』として世界中に広まったのです。
 こうして生まれたLomographyc Societyは、その後も独自で写真やカメラの研究開発を行い、写真と生活を愉しむオリジナルのトイカメラを多数製作してきました。現在ではおしゃれなトイカメラの代名詞として世界的に知られています。
このブランドのその他の製品一覧
みんなのコメント
コメント募集中 ※2016年4月にコメント機能をスタートしました。
 ただいま、皆様からの感想を大募集しています。
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
フィルム 35mm (※一般的な普通のフィルムです)
絞り f8(固定)
焦点距離 1cmから∞
電池 単3電池x1本(電池は付属しません)
保証 1年間
内容 本体(ストラップ・キャップ付) / 写真集・説明書(日本語) / ポスター
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
PINCH ピンチ (ウッドクリップ) / MOEBE
Pinch
Moebe
¥1,620
mini Lumio ミニルミオ / Lumio ルミオ
mini Lumio
Lumiosf
¥24,408
HOLGA専用フィッシュアイレンズ
FISHEYE LENS
対応:HOLGA
¥3,996
前のページへ戻る
ライン