CAN CAN / FLOS

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
CAN CAN
カンカン ペンダント ランプ

BRAND : FLOS
DESIGN : Marcel Wanders
SIZE : Ø347×H360(mm)
COLOR : /□/□/□□


¥43,200(税込み・送料無料)
バリエーションを確認
エレガントなデザインで知られるマルセル・ワンダースがデザインを手がけ、モダン照明の名門であるイタリアFLOS社が製造を手掛けた美しいペンダント照明です。インテリア空間に調和するシンプルなシルエットの中に優美な造形美を湛えています。現代的な要素の中にロマンチックな要素を取り入れた、美的センスの光る逸品です。

エレガントなディフューザー
ふと見上げた瞬間、目に飛びこんでくるのは光を拡散するための美しいディフューザーです。伝統的なフラワー模様に成形されたアクリルが光を透過し、いつまで見ていたくなるオブジェのような美しさを放ちます。ディフューザーの色は、優雅さを感じさせる『パープル』と、機能的で洗練された印象の『クリア』からお好きな色をお選びいただけます。

滑らかなシルエット
デコラティブな美しさを内側に湛えながらも、この照明の印象は極めてシンプルです。洗練された滑らかなシルエットは、現代のインテリアに調和します。インテリアにあわせて選べるブラックとホワイトの2色展開です。
詳細画像
ポリカーボネイト製の軽量なシェードです。ホワイト塗装の内側にディフューザーを装着します。
詳細画像
アクリルでできた半透明のディフューザーが光を透過して美しい表情を見せてくれます。
ふと見上げた瞬間、アート作品のような造形がチラリと顔を覗かせます。
詳細画像
シェードは徹底して滑らかな造形です。デコラティブなディフューザーとのギャップが魅力です。
詳細画像
ディフューザーは工具を使わず簡単に着脱できます。汚れたら水洗いも可能です。
詳細画像
工事不要で簡単に設置できる引掛けシーリングです。日本の住宅にあわせて全長1mで出荷されています。
詳細画像
光源には省エネランプ(電球型蛍光灯)を採用し、消費電力は20Wです。
バリエーション

CAN CAN
カンカン ペンダント ランプ

BRAND : FLOS
DESIGN : Marcel Wanders
SIZE : Ø347×H360(mm)

ボディ:□ホワイト
ディフューザー:パープル

¥43,200(税込み・送料無料)
カートへ入れる

ボディ:□ホワイト
ディヒューザー:□クリア

¥43,200(税込み・送料無料)
カートへ入れる
CAN CAN
カンカン ペンダント ランプ

BRAND : FLOS
DESIGN : Marcel Wanders
SIZE : Ø347×H360(mm)

ボディ:ブラック
ディフューザー:パープル

¥43,200(税込み・送料無料)
カートへ入れる

ボディ:ブラック
ディヒューザー:□クリア

¥43,200(税込み・送料無料)
カートへ入れる
ブランド
flos 1962年にスプレー噴きつけ式の樹脂コーティング技術 『cocoon』 を応用した照明を開発すべくイタリアに設立。cocoonを使った照明はカスティリオーニ兄弟のデザインで製品化され世界中の賞賛を浴びる。 以後、フロス社は有名デザイナーと協力した美しく機能的な照明を次々に発表。そこから生まれた数々の名作は各国の権威あるデザイン賞を受賞し、いくつもの美術館が永久コレクションしている。そして現在、FLOSは世界のモダン照明のパイオニアとしての確固たる地位を築き上げ、世界の第一線で活躍するデザイナーの作品を発表している。
※WEBOはFLOSの正規販売店です。安心してお買い求めください。
このブランドのその他の製品一覧
みんなのコメント
コメント募集中 ※2016年4月にコメント機能をスタートしました。
 ただいま、皆様からの感想を大募集しています。
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
サイズ 本体:Ø347×H360
ケーブルを含めた全長=1,000(mm)
光源 電球形蛍光ランプ 1×20W (E26) 電球色
重量 2kg
素材 ポリカーボネイト / アクリル / 他
生産国 イタリア
内容 本体 / 電球 / 説明書 / 保証書 / 箱(2箱に分かれています)
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
Chairone / Konstantin Grcic
CHAIR ONE
MAGIS
¥51,840
Enigma
louis poulsen Enigma
Shoichi Uchiyama
¥79,920
マユハナ 伊東豊雄
MAYUHANAK
Ito Toyo
¥48,168
前のページへ戻る
ライン