Neil Original Sofa / WEBO

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
▼モニターにご協力頂いたお客様

・2009年1月注文−2009年1月納品
・生地 NC-176 NC-128 (176は特別に手配) / 木部チーク色 / アームレス仕様


▼お客様からの感想(メールアンケート全文 ※個人名は編集しています)


赤黒Neil Sofaを注文させていただいた"T"です。
Neil Sofaのアンケートをお送り致します。


1.Neilを選んだ一番の理由を教えてください。

一人暮らしを始めるにあたり、家具を選んでいたのですが、
ソファだけがこれといったものが見つからず迷っておりました。
そんな折に、WEBO様から届いたメールマガジンに書かれていた
「そろそろソファを買おうかな、とお考えの方がいらっしゃいましたら
 どうかもう少しだけ待って頂けたら嬉しいです。」
という言葉に、WEBO様のソファに対する並々ならぬ自信を感じると共に、
そのメールが絶妙なタイミングで届いたことに深い縁を感じ購入させて
いただく運びとなりました。


2.実際に使ってみた率直な感想を聞かせてください。

座面が広く、フラットなのでどんな座り方も自由自在です。
ソファの上で胡座をかくこともできますし、ちょっと横になることだってできます。
"座る"ということにこれほど贅沢なソファはなかなかないのではないでしょうか?
生活の面でも広い座面を活用して、色々な作業をすることが容易で大変重宝しています。


2.ソファの特長を4段階で評価してください。
(A良い・B良いことが多い・C悪いことが多い・D悪い)

・背もたれが低いこと(A)
・座面がフラットなこと(A)
・座面が大きいこと(A)


3.Neilのデザインを総合的に評価してください。(100点満点)

100点


4.その他に感想やご意見がございましたらお聞かせ下さい。

他の家具が奇抜なので、それに合わせるように無理を言って赤と黒のツートンカラーに
させていただきました。
シートがひとつひとつ外せるのでこのようなカスタマイズも可能なのですね。
ナチュラルな部屋から個性的な部屋にまで、カスタマイズで無限に対応できるのは
凄いことだと思います。

ひとつ気になったことは思った以上に重量が重いこと。
INFORMATIONにも書かれていますが、女性一人では設置するのが困難ではないかと思います。
お友達に手伝っていただくか、引っ越し便を選んだほうが賢明です。
ですが、重量が重いということは逆に言うとその分の安定感は確かなものがあります。
ちょっとやそっとではズレることもありません。
今後、5年、10年と共にすることを考えたら、重量の分の安心感を得ることができると思います。

今回は本当に色々とお世話になりました。
ありがとうございました。


▼スタッフのコメント


T様からは発売前にメールマガジンを読んでお問い合わせを頂いていました。
ソファのご注文までに何度もお部屋の写真や状況を報告していただき、
結果的に十数回に及ぶメールで綿密なご相談をさせていただくことができました。


(↑ソファを導入する前のお部屋)

T様がお部屋のコンセプトとして希望されていたのは『とにかく人とは違う個性的な部屋』というものでした。送っていただいた元々のお部屋には個性的な家具や色味の強いラグなどが配置されています。そうした環境の中で、ソファに対しては他に無い個性的なカラーリングを強く望んでおられました。

T様には当初から『ワインレッドとパープルのツートン』というアイデアがありました。当店からはツートンの製作が可能な旨をお伝えした上で、落ち着いた単色でまとめる方向性のご提案と、アクセントとして使う場合の色についてアドバイスをさせていただきました。その後も色について長い期間かけて打ち合わせを行い、最終的に『ワインレッドとブラック』のツートンで製作させていただくことになりました。


皆様も経験があると思いますが、日本で一般的とされる6〜14畳のお部屋に、背もたれのある
標準的なソファを置くとどうしても圧迫感が生まれます。
T様の場合にも写真の手前にはデスクとベッドがあり、本来は空間的余裕が少ないお部屋と言えますが、
このソファが『圧迫感を感じさせず すっきりと設置できる』という好例になってくれたと思います。

ちなみに、T様のご自宅にはソファと同時にテレビ側の壁の圧迫感を無くす目的で間接照明も
ご提案させて頂いており、実際に導入して頂きました。
そうした照明効果についても是非比較していただけたら幸いです。

最後になりましたが、今回多くのご協力頂いたT様に深く感謝いたいします。
T様のご意見とご協力が、今後購入いただく方の参考になれば幸いです。

2009.01.31
前のページへ戻る
ライン