URBANO / LHOME

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
URBANO
ウルバーノ

BRAND : LHOME
SIZE : W140×D200 mm


¥21,384(税込み・送料無料)
カートへ入れる
柔らかい手触り
 染色を行わず、羊の毛そのままの淡く上品な色合いを生かしたウール100%のブランケットです。 リトアニア産の羊毛を用い、イタリアで仕上げとソフトニング加工を行っています。 このソフトニング加工が非常に秀逸で、ウール本来の質感を維持したまま他にはない柔らかい手触りを実現しています。 LHOME(ロメ)ブランドの中でも特別に滑らかな質感を誇り、一度触ると他のブランケットでは満足できなくなるほどの仕上がりです。 ウールのチクチクした刺激が苦手という方にも是非お試しいただきたい製品です。

寝具としても使えます
 ウールのブランケットの使い方は多彩です。 非常に軽いため肩からかけて包まるような使い方が人気を集めていますが、実は寝具としても優秀です。 掛け布団の上にウールのブランケットをかければ、とても温かく眠ることができ、同時にベッドをお洒落に演出することができます。
 もうひとつ、オススメな使い方はベッドの上に敷く方法です。 ウールの適度なクッション性と高い通気性、保温性、吸湿性能のおかげで朝まで蒸れずに温かく、ぐっすりと眠ることができます。 ウールのブランケットを手に入れたら、ぜひいろいろな使い方を試してみてください。 URBANOは広げると140×200(フリンジを除くと180)という大きめのサイズ感です。 ベッドに掛ける場合も敷く場合もシングルからダブルサイズまで対応します。

Lithuania×Italy×Japan
 この製品を製作したLHOMEは日本の新鋭ブランドです。 母体となる会社はこれまでヨーロッパのブランドが製造するのブランケットの輸入販売を行っており、製造や品質管理に関して独自のノウハウを築いてきました。 そして、これまでに培った経験からリトアニアの優良な羊毛をイタリアで最終加工した、この上質なオリジナルブランケットが生まれました。 さらに、日本メーカーらしい厳しい品質管理が行われることで、伝統の海外ブランドにも負けないハイクオリティな製品が送り出されています。
詳細画像
染色を行わず、羊毛本来の色を生かして作られた美しい製品です。 ウールの特性生かした無地の柔らかい織りが上品な印象を与えています。 リトアニアで編まれた生地はイタリアに運ばれ最終加工が施されます。 特殊なソフトニング加工によって心地良い柔らかな手触りを実現しています。 上質なウールに特有のチクチクした肌刺激や匂いもかなり抑えられていますので多くの方に快適にお使いいただけるはずです。
詳細画像
長めのフリンジがついています。ベッドやソファにかけて使う場合にもおしゃれです。
詳細画像
とっても軽いブランケットですが、広げるととても大きなサイズです。 リビングで体をすっぽり覆って温かく過ごすことができるのはもちろん、寝具としてもお使いいただけます。 掛け布団の上にかけるだけでとても温かく、お洒落に使用できます。 また、ベッドに敷けば適度な通気性と吸湿作用で快適に眠ることができます。 また、半分に折るとショールのように使用できます。
バリエーション
URBANO
ウルバーノ

BRAND : LHOME
SIZE : W140×D200 mm


¥21,384(税込み・送料無料)
カートへ入れる

LEATHER BELT
レザーベルト

BRAND : Silkeborg

¥3,456(本体¥3,200+税)
カートへ入れる

※きれいに収納できる本革ベルトです。 リビングでの使用はもちろん、オフシーズンや車内での利用にもおすすめです。 (写真の茶色いスローは生産終了のため販売しておりません。)
みんなのコメント
コメント募集中 ※2016年4月にコメント機能をスタートしました。
 ただいま、皆様からの感想を大募集しています。
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
ブランド LHOME / ロメ(日本)
サイズ 約140×200 cm
重量 約650g
素材 ウール100%
生産国 リトアニア (最終加工はイタリア)
内容 本体 / 製品タグ / 袋
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
Half-cut towel ハーフカットタオル / FIBER ART STUDIO
Half-cut towel
FIBER ART STUDIO
¥1,080〜

RHOMBE
Aspegren
¥8,424〜
CARD HOLDER カードホルダー / SECRID セクリッド
Mini Wallet
SECRID
¥9,720
前のページへ戻る
ライン