WEBO dictionary

用語 説明
ポスターの
巻き癖
ポスター紙を丸めたまま放置すると、繊維にクセがついて戻りにくくなります。多くのポスターは紙管に入って輸送されるため丸まっている場合がほとんどです。ポスターを戻すには以下のような方法があります。複数を組み合わせるとより効果的です。


1.テーブルの淵を使った方法
テーブルにポスターを置き、テーブルの淵の部分を使って戻します。 ポスターの両端を持ち、クセと反対の方向に少し曲がるようにポスターを押し当てながら、ゆっくりと上下に引っ張ります。少しずつ状態を確認しながら戻します。ポスターの端の部分については手で軽く押し当てて戻します。(メリット:道具を使わず短時間で簡単に矯正できる。 / デメリット:完全にまっすぐにはならない。失敗すると反対に曲がったり、シワができたりする場合がある。)

2. ドライヤーを使った方法
浴室の空気や加湿器の風を利用して僅かに湿らせます。このとき、湿らせすぎや、不意の水濡れで製品を汚損しないようご注意ください。わずかに湿ったポスターをテーブルなどの平らな場所に置き、ドライヤーの温風で暖めながら戻します。クセが強い場合には、風圧を利用してまっすぐになった状態をキープし、そのまま冷風に切り替えて冷やすとまっすぐな状態が維持されやすくなります。広い範囲に対して作業を行う場合は、暖めた場所に重い本などを置いて挟み、冷えるまで数分放置すると効果的です。必要に応じてこの作業を何度か繰り返します。(メリット:短時間で比較的きれいに戻すことができる。 / デメリット:とても手間がかかる。)

3. 重りを使った方法
平らな場所にポスターを置き、上から本などの重りを置いて数日間放置します。
(メリット:手間がかからず簡単。 / デメリット:作業するための場所を占有し、長い時間がかかる。 強い癖は完全に戻らない場合もあるが、結果の判断にも時間がかかる。)

4. クリップを使った方法
上下にクリップを挟んで壁にぶら下げ、重力でまっすぐ伸ばします。まっすぐになるまでに数日かかります。
(メリット:最も手間がかからず場所もとらない。矯正しながらお洒落に飾ることができる。 / デメリット:矯正に時間がかかる。強い巻き癖には使えないので上記1〜3の方法と併用する必要がある。)


※上でご紹介した方法は一般的に丸まったポスターを戻すために用いられる方法であり、製品の製造元や当店が指定しているものではございません。下記の方法を試したことで生じた結果について当店や製造元が保証するものではございませんので予めご了承ください。
・この解説は公式な辞書としてではなく、当店の主観で記載されています。
説明内容に対する訂正や補足、ご意見などがありましたらメールフォームからご連絡下さい。